ブログ|狭山市入間川で歯科・歯医者をお探しの方はさくらんぼ歯科医院まで

時間
9:30~13:00
14:30~18:00

…14:30~17:00
休診日…火曜午後、木曜、祝日

〒350-1305
埼玉県狭山市入間川2-5-7
メディカルプラザ2F

  • 予約優先
  • 各種保険取扱
  • 電話
  • メニュー

歯みがきのもう一つの目的

2019年3月20日

歯みがきのもう一つの目的である、歯肉炎と歯周炎の予防と治療のための歯みがきについて説明します。歯肉に限った炎症であれば歯肉炎、その炎症が長く続いて歯のまわりの骨などの歯周組織に影響のでたものを歯周炎と言います。歯周炎の方が重症で、以前歯槽膿漏と言ったのは歯周炎をさします。炎症の症状は歯肉が赤くなったり(発赤と言います)、ブヨブヨと腫れたり(腫脹)、歯肉から出血したり、ひどくなれば歯が動揺するといったものです。

歯肉炎や歯周炎の治療の第一は、ブラッシングによって歯肉近くのプラークをとり、歯肉に適切な機械的刺激を与えて毛細血管の流れを良くし、ブヨブヨの赤い歯肉からうすいピンク色のひきしまった歯肉への再生を促す事です。歯みがきの時に、血が出るとみがき過ぎと誤解してそこをみがかなくなる人がいますが、それは間違いです。出血は、炎症のために毛細血管が脆弱になってたり、歯肉の内側に潰瘍ができてるためなのですが、正しいブラッシングのやり方を習って、そのやり方で刺激を与えて出血させてやると徐々に、おそらく一週間から二週間で表面的な出血はなくなってゆくと思います。歯肉の出血が無くなり赤味がとれてくれば軽い歯肉炎ならばほぼ完治してゆきます。歯周炎の場合はこの歯みがきを続けながら、歯科医院で歯肉の下のプラークや歯石を取ったり、定期的な歯周組織の状態の評価をしてもらう事が必要です。根気は必要ですよ。場合によっては、生活習慣の見直しも指摘されるかもしれません。歯周炎は、不規則な生活・偏った食生活・喫煙などが背景にある事が多いです。ご存じのように歯周病は生活習慣病なのです。

次にみがき方について軽く説明します。みがき方については、色々なみがき方があります。一般的な話をしますとむし歯予防にはスクラビング法、歯肉炎と歯周炎にはバス法が良いと言われています。みがき方は、歯科医院で細かく実践的に習って下さい。大まかに言うと毛先みがき、横みがきです。歯のみがき方は、とても大切で正しいみがき方がわかっていないと効果がでなかったり、かえって歯を減らしたり、歯肉を痛めたり下げたりします。くり返しますが、これは歯科医院できちんと教わって確実に身につけて下さい。

 
ページトップへ